2015-03-29 | コラム

いまあるモノで。

こんにちは♡

皆様、いかがお過ごしですか?

我が家は小学校も春休みに入り
騒がしいる毎日を過ごしております。

さて、今日は小学校も
お休みの土曜日に起きた
出来事のお話です( ᵕ́ૢ‧̮ᵕ̀ૢ)‧̊·*
*
*
*
子供達は、
買ってもらったばっかりの、
チョークが嬉しくて、

朝から段ボールに、
落書きをして、遊んでいました。

少しして娘が私のところへ、
しょんぼりしてやってきました。

どうやらチョークを
落としてしまったらしく、

二つに割れてしまったとのこと。

新しいチョークは、
綺麗な一本。

だけど、割れてしまったので二本に…。

私は、

「あーぁ。残念だったね〜、
でもいつかは使っていたら、
こうなるから仕方ないよ〜。」

と言ってみたのですが、

娘は、シクシク泣き出しました。

娘にとっては、
今色々な気持ちが頭の中を
巡っていて、
それを納得しようと考えていて、

そしてその気持ちを
分かってもらいたくて、
涙が出ている…んだな。
と思いました。

すると、
その状況を見兼ねた
お兄ちゃんがそばに来て、

「俺のチョークと交換してあげるよ。」

そして、
娘は新しいチョークを
手にしたのでした。

私は、この状況を
「良かったね。」と喜ぶだけの
ことではないなと…、思いました。

お兄ちゃんの思いやりは、
確かに優しく良いこと。

「お兄ちゃん、ありがとう」

と言って、
でもその後、私は2人に、

「これはね、
たくさんの学びがあるから、
よく聞いてね。」

二人は真剣な顔で、
私の声に耳を傾けました。

「あのね、チョークが
二つに割れたのは仕方のないこと。
そしてそれが新しくなって嬉しいよね。

でもね、
決してこれは良いことばかりでは
ないんだよ。

あるもの、持ってるもの、
なってしまったことや状況で、
何ができるかを考える事が、

とても大切なことなんだよ。

壊れたから、
新しいものをもらう、買う…。

それも必要なことでもあるけどね、
もっと大切な事を忘れて
欲しくないんだよ。

起こってしまった事や、
今あるものや、今ある状況で、
どうしたら良くなるか…、

どうしたら良いものが出来るか…、
それを考えてごらん。

例えばこの二つに
割れてしまったチョーク。

二つになったから、
細かい部分が書けるように
なったかもしれないよね。

2つあったら、
お友達と一つづつ
一緒に使えるかもしれないよね。

そうやってね、
起こってしまった事を、
プラスに考えて変えていけるかどうかで、

これからの貴方達の人生は
大きく変わっていくんだよ。

自分の気にいる状況でない時、
誰かに泣いて訴えて
変えてもらおうとする事は、
決して悪いことではない。

でもね、その後が大切なんだ。

誰かに状況を
変えてもらうのではなく、

自分で居心地が良いなと
思える心の環境を
自分で作っていくんだよ。

そしてその環境を自分自身で
幸せだと思える事が何よりも
大切な事なんだよ。」

幼い子供には難しい話だけど、
私は一生懸命、伝えました。

子供は、
真剣な顔でじっと私を見ていました。

「あなた達にとって、
これはとても良い勉強に
なったと思う。

今あるもので、そうなった状況で、
今何が出来るかを考える。

そう思える様に、
練習をしていくしかないんだよ。

考えれない…じゃなくて、
考えれるように

少しづつ練習していくんだよ。」

子供はうなずき、
私は続けました。

「これはあなた達が
生きていく上で、
とても大切になってくる話だから、
よく覚えておいてね。」

と、娘と息子の頭をポンポンと
叩いて、話を終えました。

私もまだまだ慣れない子育て。

だけど自分が歩んで来た道で
学んだことを
精一杯伝えています。

そしてこれが正解か不正解か、

子供にとって
正しいか正しくないか、

誰にもわからなくて…。

子供達が成長した時に、
答え合わせの様に、

その結果が出るのかもしれません。

その時は、きっと反省もするし、
喜ぶ事もあるでしょう。

でも今親としてできることは、

私の持っている知識と経験と、
私の持っているモノと言葉で、

精一杯を尽くして、
伝えていくことだと思っています。

子供達の心のストレスや、
大変な事や、トラブル、

全てを親が面倒を見ることは、
子供が大きくなるに連れ、

それも難しくなってきます。

一個人である以上、

離れたところで、
行動するようになるから。

自分達で
幸せを作り出していけるような、

心を育ててあげたい。

きっとそれは、子供達にとって、
とても大切な物になっていくから。

そして、親としても人としても、
共に成長して、共に学ぼう。
と思います(❁´◡`❁)

さて、子供連れて、
桜の蕾でも
見に行くかな♪

それでは、また(❁´◡`❁)

(null)

この記事のURL