2014-12-12 | コラム

神様からのギフト

師走の忙しい今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか??

私はここ最近何だか、
とてもバタバタしています(ノ;・ω・)ノ

そんな中、
プライベートで友人と食事に
行った時の事です。

クリスマスのサンタさんの話になりました。

私たちは、
まぁそれなにり良い大人ということもあり、

神様にお願いするなら…何を頼む?と。

一人の友人は、
「勉強するための資金かなー。」と。

そして私は、

「時間が欲しい!!
1日を48時間にしてもえる魔法を
かけてもらうか、それが無理なら
私のコピーロボットをお願いしたい!
だってしたいことが、山ほど
あるんだもん!」

と言いました。

すると友人から、
思いもよらない言葉が返ってきました。

「違う違う!神様はね、
時間がないって事を私達に
プレゼントしてくれてるんだよ。」

と。

私は、きょとんとしました。

彼女は、続けてこう言いました。

「時間が山ほどあったらね、
永遠としたい事ばかりするでしょ。

働きたい人は、ずっと働くはず。

働き続けると、体も悲鳴をあげちゃう。
そうやって時間が限られることで、
仕方なく体を休ませようとするんだよね。

限られた時間だからこそ、
大切なものを振るいにかけて、
厳選するの。

だから、時間がないことで、
何が大切なのかが分かるってわけ。

それって、最高の神様からのギフトだと
思わない?」

と。

私は、それを聞いて
今までの考え方がゴロっと
変わる瞬間を味わいました。

なるほど、そうかー。

時間がないからこそ、
生きていく事に対して、
大切なことを必然と最優先し、
こなそうとするのかー。

なるほど、そーかー。

時間がないからこそ、
本当に大切な事を知ることができるんだ。

それこそ、
今思い出したら、子供が小さい時は、
おしゃれも出来たものじゃなかった。

髪の毛はバザッと1つにくくり、
片手で息子と手をつなぎ、
前には抱っこ紐で、乳飲み子の娘。

寒い時のアウターは、とにかく暖かくて、
着やすくて、動きやすくて、
汚れても良い素材のもの。

靴だって、座って履かずに、
片手で子供を抱っこしたまま
スッと履けるものに限られた。

お洒落してる人を見て、

素敵だなぁ、いーなぁ♡
私もあんな風にメイクも綺麗にして、
綺麗なお洋服着て、思いっきり自分の為だけにお洒落したいなぁ。

と、思っていたそんな日々を思い返して、こう思った。

「あー、あの時期は、あの時期に必要な事を
限られた時間に必死にしていたんだな…」

って。

その時できなかったおしゃれも、
限られた子育ての1日の中では、
優先しなくても良い時だから、
しなかったんだ。

できなかったんじゃないんだ、
時間がないって事で、無意識的に、
自分がその時に1番必要だと思う事を
してきたんだな。

子供の命を守るという任務を
自分の限られた24時間の中で
最優先していただけなんだ。

きっと、それが、
私が生きていく上で、
その時に一番必要な事
だったんだな…。と。

今日だって、
綺麗にマニキュアをして出かけたかった。
でも、山住みの洗濯物を畳んでいたから、そんな時間は取れるはずもなく。

でも、
こうしてバタバタ家族のために、
頑張ってることは、

決して自分の時間を犠牲に
してるわけではなくて、

私が生きていく上で一番必要な事を、
無意識的に自らが選んだんだな。

その時間にマニキュアが出来なかった
のではなくて、

幸せの為に、家事を優先したんだな。
って。

「時間がない」ってことは、
神様からの最高のギフト。

なるほどな♡
と、腹に落ちたのを感じた。

実際今でも、
したいことは山ほどあって、
でも時間がないからできてないことも
たくさんある。

それを考えると、
心が凹むこともあるけどでも、

…それでも、

最低24時間は最高に素晴らしい時間を

無意識に、自らが選んで
自らが決めて生きてるんだ
って事に気づけたから、

何だか、すごく幸せな気持ちになったのでした。(﹡ˆᴗˆ﹡)

さてと!
神様へのお願いがなくなっちゃったから、サンタさんにお願いする事にして…。

主人サンタにクリスマスプレゼントを
ねだろうかな…(˶‾᷄ ⁻̫ ‾᷅˵)♡

そんな事を思っている今日のこの時間も、

きっと私にとって、
私が選んだ私にとって今一番必要な
時間なんだろうな…( ᵕ́ૢ‧̮ᵕ̀ૢ)‧̊·*

神様、素敵なギフトをありがとう♡

それでは、
今日も素敵な1日を…(❁´◡`❁)

IMG_4190.JPG

この記事のURL